2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

銅版画

2015年4月25日 (土)

春陽会用の作品3点を作る

秋になって横浜美術館の市民アトリエでまた版画づくりが始まった。こんどは4月搬入の春陽展用の作品。また石ころシリーズをやってみようと、家の舟で版の腐蝕を始めたのがもう寒さも近づいた秋深くなってからだった。中々テンポが付いてこず、とりあえず石ころを並べながら、様子を見た。何回か重ねて腐蝕していると、思いがけない効果が出たりして、それは全く思ったことと違ってきたのだけれど、青のインクの試し用に刷って見て、次の作の下図のつもりだった。

傍で見ていた版画仲間がおもしろいじゃない。いいよ。なんていうものだから、これで終了。額装してこれも出品してみる事にしたのが、これ。Rimg0513_550x550_5                                        chat with stone 6 (450x365)
冬の寒い日の腐蝕はむずかしかった。つい長めに時間を取ってしまうから、どうしてもやや強い仕上がりになってしまう。もう少し柔らかい重なりに持って行くつもりが、どうしても長めに腐蝕すると強い線になってしまう。それならいっそ中抜けするまで浸けてみようと、1時間以上腐蝕した結果が白く抜けて、浮遊感が出た。

石ころにお伺いたてながら味を出す。こんな作業が楽しい。石ころとおしゃべりしている。
その結果がこれ。プルシャンブルーにすこしオーシャンブルーを混色。結果は透明感を保つことが出来た。

Rimg0509_550x550_3                             chat with stone 7  (450x365)
もう1点仕上げなければならない。全面石ころを並べて地紋のような効果を出すつもりが
いかんせん腐蝕が長くて強すぎた。それなら削ればいい。ちょうどこの時期夫の入院で夜の時間が十分あるし、アトリエには行かれない。時間があれば毎日消しゴムで削って、なんとか地紋らしくなってきた。
バックが整ったので、この先どうしようと考えた。若い頃建築事務所で働いていたころ、建築家O氏の製図板の上の様子を思い出した。朝来ると氏の机上はすべての道具は直角に整然と置かれていた。思い出とともにいつの間にか直角に置いてみたのがこれ。
Rimg0510_550x550_3                    Another world   (450x365)

3点できた。春陽会に応募して入選したのは「chat with stone 7」。

審査員の一人に批評をしていただいた。このままでいいと。いくらでもバリエーションが出来るでしょう。色も青でいいでしょうと。

高齢だからこれ以上余計な事は考えずに、お好きにどうぞと言われたような気がしないでもなかった。 いつかもそんなこと言われたような。好きにやれと。

2014年10月16日 (木)

版画展が始まった@東京都美術館

Cimg0096_550x413
版画展の初日は台風到来の予報で朝から雨が降り始めていました。雨でも出かけなければと意を決して上野公園を横切り会場に急ぎました。

午後1時から研究会があり、入賞作品の作者やそれぞれの希望者に審査員から作品についての感想が聞けるのです。初めての参加です。審査員の顔ぶれがぐっと若返り、親近感が伝わってきます。銅版画担当は、わが師匠、大矢雅章氏。

                  Cimg0173_550x341
どういうわけか大矢さんの作品はカタログには未掲載です。締め切りを過ぎてしまったのかもしれない。多忙な日々に忙殺されていらしたから。
黒い塊の3部作。存在感たっぷりの作なのに。
Cimg0152_550x413
大矢さんの批評は私の思う事と一緒でした。青の段階がもう少しはっきりすればいいとのことでした。版の大きさはこれでいい。額縁の色と形をもう少し軽く、明るくした方がいいとも(使いまわしですからぴったりとはいかないのでした(反省)。4室のいい場所にありました。
版画展の招待券を何枚か知人、友人に配って、葵展のお仲間で大洋展を主催している
O氏からお礼のはがきをいただきました。いままでで一番うれしい評価でした。

《第82回版画展、素晴らしい展覧会をみせていただきました。実は版画展を拝見するのは、はじめてでした。展示作品は、期待通りに抽象画が多くありました。
ところで、Mさんの作品は、一見、抽象のようですが、石をイメージした具象画ですね。
巧みな演出だと感嘆いたしました。”石とおしゃべり”とは粋で、おしゃれなタイトルの繪だと思いました。

18室あった中で、各室の作品のグレードが高く保たれているのは、やはり厳しい審査の結果が出ているように思いました。・・・・・・》(はがきの1部を抜粋しました)

持つべきものは素晴らしい仲間です。葵展(元竹中工務店勤務者の絵画展)に参加していてよかった。次も良い作品を創ろうと思いますもの。

Cimg0114_550x413
カタログは師匠からの入選祝プレゼント。うれしいことでした。

うれしいことに、私の作品を見守ってくれる友人がおりました。

メールでこんな感想を送ってくれたので紹介します。

先日上野で作品を鑑賞しました。ブログの写真で見た時より、ずっと大きく感じました。
気迫というのか、年期というのか、手応えが大きかった。
色も私はいいと思いました。この色にいきつくまでの蓄積を感じました。
垂らした白い線も、決まっていたと思います。
どこがどうとは言えないけれど、これまでの作品の中では、やはり頂点に来るのではないですか。・・・・・・・

私が石ころ相手におしゃべりしすぎて、いい加減にしろよと思っていたのかもしれない。
やはり大舞台で観て貰うことができて良かった。
ここで見せられるまでどんなに長い道のりだったか。

 

2014年9月25日 (木)

第82回版画展入選

Cimg0379_442x550
                                入選作    chat with stone 4           450x360

第82回版画展にこの作品が入選しました。石ころとおしゃべりシリーズの一つです。
2つの作品を搬入しました。3点搬入を推奨されるけれど、最後の作品を置いていきました。
どちらかが入ればいいのだから、迷いませんでした。

横浜美術館の市民アトリエに通って制作したのですが、新しいニスの粘度が面白い線を描けたのだと思います。
インクの色はシャルボネのプルシャンブルー。結局この色が段階もでるし、深みも出たのです。

版画展に展示されて研究会でどんな感想を聞けるか楽しみでもあります。

入選するという事はそういうチャンスもあるということです。

アクアチントの調子を良く出すためには松脂を均一に溶かすことなのだけれど、横美のアトリエではアルコールランプの炎でするしかないのです。
それが難しかったのです。バックのアクアチントがもう少し均一に出ていれば良かったと、インクを詰めながら思っていました。

石ころが押しくらまんじゅうしながら遊んでいるような感じは出たかもしれない。

版画展は3年前に初出品初入選して今回2回目の入選です。
励みになって本当に良かった。

10月5日~19日 東京都美術館

2014年9月14日 (日)

chat with stone 5

Rimg3658_550x413

5作目の石ころシリーズを完成する。

石の形はやや扁平をえらんで、やはり雲の状態をイメージしてみた。
石の重なりは大分なれて、腐蝕の具合いをやや強め。
どう出るかが楽しみでもあり。不安でもある。

下に落ちたような雲の端くれ、バランスとるのが難しい。
波を打ったような曲線をルーレットで描いてみた。
丸い小さな石ころに傘を被せてみた。
Rimg3668_550x413_4
青のインクはコバルトブルーを買ってきて、日本製とフランス製の2色を試してみた。
日本製のコバルトブルーは思ったような伸びがでない。
シャルボネのコバルトブルーは柔らかく伸びるのだけれど、諧調がでない。
この腐蝕時間では色が濃く出てしまって柔らかさがでない。

最初に戻ってオーシャンブルーで刷ってみる。

伸びが良いし、諧調もいい。

黒い感じも試してみる。ペイネブラック。どんな感じになるのだろう。
あんまり魅力的ではなかった。
Rimg3663_550x413_2
横美のアトリエで4種4枚いろいろ変えて刷ってみた。

試す時間は楽しい。一番ぴったりの色がきっと見つかる。

今度は暖色系を試してみよう。当分アトリエの予約が入っていないのでいつになるか
分からないけれど。

2014年9月 4日 (木)

chat with stone 3

Cimg0919_550x478                 chat with stone 3              300x400

何枚刷ったかな。ここに至るまでに。
はじめてうまく刷れたという感触があった。
始めは紙はハーレミューレ5761を使っていた。ややクリームがかっているので、青との取り合わせが重くなるような気がしていた。青のインクプルシャンブルーとオーシャンブルーを使っていて、少し混色したりしたけれど、いまひとつ不満があった。

紙を同じハーレミューレの白、5745に変えて刷ってみる。
紙の湿しもパットにしばらく浸し、吸い取り紙に吸わせてから、いい湿り気の時に、ぴったり合わせることが出来た。

インクの乗せ方も、今まできれいに出なかった白い四角の部分は丁寧に拭き、白さを浮き出させた。オーシャンブルーのみを使用して。

プレスして紙をめくった時、はじめてうまく出来たという感触があった。
こんな気持は、この版では初めての経験。何度も刷って7枚目の仕上がりだった。
紙の色を白くしたのも良かったのかもしれない。

横浜美術館の市民のアトリエの版画工房。夏休みが終わって2回目の作業日。
朝10時から午後4時半まで使用できる日。
版画展の搬入日が近づいているので、アトリエ内はみんな黙々と仕上げに掛かっている。
プリンターの順番待ちが出たりして。

2014年8月21日 (木)

額の色直し

秋の公募展が近づいてきて、作品を額装しなければ。額は以前使ったF8に入れてみる。
少し小さめだけれど、マットを入れ替えればそのまま使えそう。

マットはいつもバスに乗って蒲田のユザワヤで切ってもらっていたのだけれど、毎日暑くて
出かけていく気がおきないのだ。涼しくなるのを待っていれば、時間切れになりそうだし。

そういえばこの額を買ったのは通販でマルニ額縁だった。このショップでマットも扱っているはず。マットの大きさとか色とか窓の開け方とかこまかい決め事はいろいろあるが、
最近はその辺の知識を学習していたので、思いきってここで注文してみたのだった。

問題はマットの色。見本の色はウェブに載っているけれど、これだけは参考にならない。
とりあえず決めて注文した。

2日後に指定どうり届いた。マットの色も予想と同じで不満はなかった。

こうしてネットショッピングで確かめながら、なるべく信用できるショップを確保して
無駄な労力を避けるようにして行こうと思う。今度からはバスに乗って注文しに行かなくて済むようになった。

Cimg0750_535x600_5

2014年7月25日 (金)

上等の材料ばかり

銅版画を制作するようになって15年目に入っている。
主として多摩美の生涯学習講座に入門して、修練してきたけれど、時には東京芸大の夏の集中講座にいったり、横浜美術館の単発の講座を受けたりしてきた。
ここに及んでさまざまな工房へ出入りするようになると、今まで通ってきた多摩美の講座が、材料(銅板、インク、溶剤、ニス、ウェス、紙、裏張り用シート等)がかなり贅沢に支給されて(選択されて)いたのに気づく。他流試合にいかなければ、これが正解だと思ってしまうところだった。

横美のアトリエでは、ある受講生に紙は何使っているのと聞かれ、主としてハーネミューレ(ドイツ製)。と答えると、お金持ちね。私はいずみ(日本製)試刷りは画用紙使うの。と言われてしまった。ドイツ製は約3割増しかな。
色合いとか刷り上がりの良さを比べると、いいほうがいい。その代り試刷りは失敗した裏紙を使ったりもしている。他の工房では裏紙は禁止だとか。画用紙は使ったことがない。

インクも今はシャルボネ製(フランス)を使っている。青のインクの発色がいいし、色幅が豊富だから。日本製に比べればたとえばコバルトブルー(文房堂製\1150 シャルボネ\2350)(プルシャンブルー\2500)(オーシャンブルー\3700)@50-60mgのチューブ。

銅板の厚さは1mmを使っていたが、0.8mmしか使えないという。高いもの。

汚れを処理するウェスにしても多摩美では10センチ角のメリヤスやプリントものではなかった。真っ白のおむつウェスという種類。これで慣れてしまって小さなものでは落ち着かない。何とかネット検索してオムツウェスを探したり、

またお金持ちねぇと言われるのだ。

いまさらとやかく言われても微ともしないのだけれど、まぁ何ともかまびすしいのだ。
多摩美の教授が一番いい材料を学生には提供するというお考えで教育されているそうなので、すっかりその水に浸かった後は、独立したとき、その良さと厳しさを実感する。

結果がでればそれが何より。

腐った中国肉入りの添加物まみれのハンバーグより、いい肉の入った国産のハンバーグの方が美味しい。3倍はするけれど。
Cimg0384_550x342_450x280


2014年7月23日 (水)

青い石ころ chat with stone 3 & 4

Cimg0382_550x413
7月は2回しか予約が出来なかった、横浜美術館のアトリエ。22日が最後だったけれど、ねばって26日のキャンセル待ちを待った。キャンセルが出たと連絡があったのは、最後かと思って荷物をまとめて帰宅して数分後。よかった。まだ結果に未練があったから。

やむなく新しい版画工房を見つけて3回通って、版を刷ってみたのだけれど、なかなか思うように刷れなかった。色がしっとりでないのだ。
小さな工房でひとりで独占状態で作業できるのはいいのだけれど、使い勝手に中々慣れない。
今までのやり方、インクも持参して同じ、腐蝕は自宅の舟でして、まぁまぁの出来。
それなのに・・・・・。

横美のアトリエの最後の日。慎重にインクを入れて、刷ってみた。
上手く色が出た。しっとりとプルシャンブルーがいい感じ。
使いこなされたプリンターがいい結果を出したのだと思う。

これで2点は完成としよう。あと1点。
石ころシリーズは続く。

 

2014年6月28日 (土)

マイ工房の設備投資

Cimg0181_550x413_2

新作に取りかからねばと、版画アトリエで銅板を購入することにした。いつもは1mm厚の銅板を使用していたけれど、このアトリエでは0.8mmで裏処理してあるものしか置いていない。大きな版と言っても銅板の規格サイズがあってw365×L600のものにしてみた。

これでは我が家の腐蝕液入れからはみ出してしまう。大きさのバランスも悪いのでL450にカットする。それでも入らない。仕方がないから、植木鉢用の土をまぜる入れ物に腐蝕液を入れ替えることにした。
2日続けてアトリエに行き、まずバックの景色を作って見た。新しいニスが用意して
あったのでニスを使用して遊んでみる。
アトリエは大きな腐蝕液漕があるのでまず試してみた。
相変わらず下書きなし、デッサンなし、出たとこ勝負で始めてしまう。

そのために街を歩き、いくつもの展覧会を観にいき、イメージ作りに時間を費やしているのだもの。

7月に入るとアトリエ予約が2回しかなく、8月は休講となる。9月締め切りの公募展の為に作るとしたら、また工房を探さなければ。
出来るだけ、我が家のガレーシ工房で頑張るしかない。

さてさっそく大きな入れ物を用意して銅板を入れてみると、残念ながら底の幅が少し足りない。版を切るか、入れ物を探すか。
そこで早速PSで検索して見る。大きなプラスティック皿?では見つからない。金魚やペットを洗うための入れ物? 舟というらしい。黒舟60という名称でなんとか使えそうなのが見つかった。買うしかない。

マイ工房も必要に応じて設備投資をしなくてはなりません。
今回は1830円で済んだけれど(ほっ)

2014年4月21日 (月)

初入選@春陽展

初入選というプレゼントがこんなに体調にも好影響で、気分も明るくなるとは。
公募展に出品する人はみんなこんな気持で発表を待つのでしょうね。

Cimg0120_550x413

春陽展は多摩美の生涯学習で銅版画の基礎を1から教えていただいた渡辺達正先生や小浦昇先生が属している団体で、生涯学習講座で入門した私のような素人が参加する団体ではないと長い間肝に銘じて、展覧会は良く観に行っていた。正統派の銅版画の作品が観られ、勉強になったもの。先生たちからも決して出品を勧められることもなかった。

多摩美の講座がついに終了し、独り立ちをすることになり、先生方のバリアもなくなって、
10年以上続けていると、だんだん公募展も身近に感じられ、今年はついに初出品してしまった。ごく自然の流れだった。

公募展とのかかわりは一陽展から始まった。
一陽展に初出品したのはもう5年前。〈すみの会〉の出品作を出品してと強く推してくれた後輩のHさん。それ以来4回出品して奨励賞をもらった。Hさんが病気で退会したのが昨年の暮れ。版画部門が弱小で居心地が良くなかったからHさんの退会を機に出品するのを止めたとき、今度は春陽会に出品する気になってきた。版画家の知人も増え、版画部門も大所帯でなんだか楽しそう。
横浜美術館のアトリエで刷るようになり、そこで春陽会への出品を勧められたのもはずみができた。

そんなわけで、版画の作品で公募展に応募して、入選するという、若い頃には考えもしなかった状況に至ったという今日この頃。

入選の発表はPCのWEBサイトで発表されて、まず自分の名があったときはさすがにほっとした。新入選という文字が新鮮だった。
何かに挑戦すると、こんなドキドキ感を味わえるもの。

私の近作は伝統的な銅版画の技法から離れて、石ころとおしゃべりしながら石ころの柔らかなラインを銅板に腐蝕して投影していく。この柔らか重なりからイメージを構築していく。
今回、賞候補になったものが好評だったのが嬉しい。シャルボネのプルシャンブルーで刷ったもの。

Cimg0122_522x550

より以前の記事一覧