2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

旅行・地域

2014年8月16日 (土)

69年前の8月15日

Cimg0710_600x450
その時私は国民学校2年生でした。あれから69年経ったのですね。新聞では熱く当時の事が記事になっています。暑い夏でしたから。
まだ7才でしたから本当に周囲の動きを批判的に見ることはありませんでした。ただ食料がなく、母親は慌ただしく疎開地と東京の家を3歳の妹を背中におぶって行き来して荷物運びをしていたし、山梨県大月の飛行機会社の社宅に疎開の地を決めた父親と2歳下の妹をかばいながら家事に追われていたのを覚えています。二人の兄たちは学童疎開で長野の飯田に行っていました。

69年後の8月13日、何気にラジオを聞いていたら聞き慣れた町のニュースが流れてきました。

8月13日は山梨県大月町がB29の爆撃を受け機銃掃射が集中して、当時の女学校の学生たちが沢山死んだというニュースでした。さすがに当時の事はあまり記憶になかったけれど、私たちが住んでいた飛行機会社の社宅は崖の上に何軒か建っていて、その崖の下にはいくつも防空壕が掘られていて、その日防空壕が機銃掃射を受け、担任の先生の弟がやられたという話をおぼろげに思い出しました。その2日後が終戦のラジオ放送だったのでした。

大月には興亜航空という飛行機会社があって父はそこの会社の飛行機の設計にかかわっていたのでした。そのほかにも、軍而工場が何箇所かあって狙われたのでした。

ネットで当時の事を検索して見るとまさに終戦2日前の事実がわかりました。

60名近くの学生たちが爆撃に遭い命を落としたという女学校の同窓会で追悼法要が行われたというニュースでした。

社宅の近くから山を下りていくと桂川という清流が流れていて、終戦後には兄たちと魚を捕りに行ったり鰻をしかけたりしたこともありました。爆撃のあった日には桂川から大きな岩が町の中心部にまで飛んできて、今でも記念碑として残されているそうです。

69年前の子供の頃の地方の生活の思い出が、戦争の傷跡で被われてしまったのでした。

両親や兄たちには大月の思い出はつらいものばかりだったと思います。2度と行きたくない場所だったのかもしれません。終戦後2年生の学期を終わらせて焼け残った東京の家に家族全員戻りました。その後数年間、食糧難と物資困窮だった生活が続きました。
知恵もついてきて、その後数年間のつらい生活の方が痛い記憶として残っています。

ただ、私にとってはとってもいい思い出もありました。豊富な自然、裏富士の美しさ、川遊びの楽しさ、山の道に咲いていた雑草や花々の姿。
7才という子供だったからでしょう。さらに小さかった二人の妹たちとは、この地の経験を語ったことはありません。妹たちの記憶の中にはこの終戦の日の風景は残っていないのですから。

現在私と付き合いのある友人たちは殆どが年下で疎開といっても実感の沸かない人ばかりだし。
不思議なことに学生時代も終戦時の話題は殆どしたことがなかったのです。個人差があるし、空襲に縁のなかった地方もあるし、食糧事情があまり悪くなかった地域もあったようだから。頭を下げて農家に買い出しに行った経験を誰もがしたわけではなかったようです。

2013年9月27日 (金)

山中湖1周して帰途に その3

Cimg0142_550x413_3
山中湖滞在3日目。昼過ぎのバスを予約したので、それまでの時間、N氏がセカンドハウスを持ってから3年間で山中湖周辺の彼の生活の場、テリトリーを案内してくれた。
月のうち半分はここでの暮らし。建築設計をしているのだから、どんな場所でもPSを駆使して可能になっている。年長組にはとっても理解できない世の中に来てしまった。

愛用の図書館、レストラン、ほうとうの店、おいしい肉屋、スーパー。車、自転車、オートバイを駆使して、年長組から思えば、気の遠くなるような、夢のような生活。

しかも気ままな単身生活。家族みなそれぞれの生活をそれぞれの場所で生活している。
親思いの彼は92才の母親を、その合間に面倒をみるため、東京を往ったり来たりしている。母親は長男の彼が一番気兼ねなしに甘えられるのだとか。それを充分承知して母親をサポートしている。

しかも10歳上と15歳上の上司だった老夫婦にすばらしい休日をプロデュース。
思い切ってお誘いにのって良かった。ただし今だから良かった。帰るバスの時間ばかりを気にしている長老を見ていると、これ以上年を重ねると、彼の好奇心についていけない世界に踏み込んでしまう気がする。きっと楽しめなくなる。

私はまだまだついていけるけれど、足を引っ張る人たちがすぐそこに見えるもの。

Cimg0132_550x413
山中湖の展望台。天気がよければ正面に富士山が見える場所。

Cimg0025_550x413_2

帰宅したら郵便箱に直行。版画協会からの結果を見るために。
今回は落選の通知だった。 がくっ・・・・

まぁ、いいか。まだ来年があるのだから。


パーティーでお会いしましょうと約束していた作家のM氏。 彼の名前もなかったし。

浅間神社&西湖へ その2

Cimg0047_550x413_3富士登山をする時の富士吉田口。ここから富士山を目指す。この鳥居の大きさをみると
気持が引き締まるのかもしれない。Cimg0048_550x413
Cimg0042_550x413_2
Cimg0050_550x413_2
雨模様なのに観光客が次々現れる。私たちは簡単に参拝して健康祈願をすませる。
そして河口湖、西湖へのドライブ。N氏は本当にきめ細かく案内をしてくれた。
Cimg0074_550x413_2天気なら正面に富士山が見えるらしい。余り観光地化していなく、人影もまばら。
ヒメマス、ワカサギ、ヘラブナ、オオクチバスの釣り場で有名なところらしい。

こんなにあちこち案内してくれ、美味しいごはんにもありついて、すっかり田舎ぐらしにつかって、天気にも恵まれていい一日だったけれど、なんといっても平均年齢80才。
長老夫婦に気を遣い、すっかり疲れてしまった。
いやいや、案内係のN氏はもっと大変だったろうな。と思う。






山中湖、西湖、河口湖めぐり  その1

Cimg0141_550x413_2
夏中、個展の準備や開催で、気を張って過ごしていたから、夫の友人から山中湖のセカンドハウスに誘われていたので、いいチャンスとばかりに出かけることにした。
連日の近所の工事の騒音にも耐えがたく疲労しかかっていたので、多分秋の気配もかなり近づいて、自然の中に身をおくのもいい。
前に行った時は、老夫婦を気遣って、家まで車で迎えに来てくれたけれど、今回はさらに高齢なH夫妻も誘って行くことになった。

新宿から高速バスで行けば簡単なので、バス券の手配をネットでして、ちょうどお昼にかかるから、京王デパートでお弁当(伊勢松坂牛の焼肉弁当@1600円)の手配もした。
85才と80才の夫婦、80才と75才の夫婦。準備をするのは自ずと最年少の私。
あとはただ従ってついて来て状態。朝晩は多少冷えるので暖かい服も用意してとN氏から
連絡があったので、思いのほか荷物が増えた。H夫妻も同様だった。

お互い50年来のお付き合いだし、誘ってくれたN氏も二人の部下だった人だから、気心がしれていて、言いたい放題、気楽な関係になっている。

とにかく自分で改装して、創り上げたセカンドハウスをかつての上司に見てほしい気持が
いっぱい。いかにお金を掛けず、いい空間に仕上げたかを。

山中湖に近づいて、最寄りのバス停まで、こんどはプジョーの大型車で迎えにきてくれ、ゆったり後部座席に3人座って、あっというまにNハウスに到着。
台風の影響もあって、富士山は雲に覆われて、姿は見えない。
今回もN夫人は同行せず、接待はN氏がすべて、一人で采配を振るってくれる。
私たちは用があれば多少お皿を並べるぐらいのお手伝い。何も持ってこないでいいという事だったから、食事はすべておまかせ。手際よく彼が用意してくれる。

一年前に来たときしたチーズフォンデュが好評だったので、最初の夜はおなじメニュー。
カッシーナの大テーブルでのディナーは中々素敵。なんといっても家具が素晴らしいので、自ずと豊かな雰囲気が醸し出される。

老人が5人集まれば、会話のテーマは自然に老母の世話、相続問題、子供の離婚、とあまり愉快な話題はでない。私たちは介護される年齢になってきているし、親が生きていれば超高齢(90以上)、親の世話はするけれど、子供の世話にはなりたくない。
話がどんどん深刻化する。

そんなわけで、これではまずい。次の日はプジョーに乗って西湖方面にドライブ。

Cimg0069_550x413

2013年1月17日 (木)

バスを駆使するシルバー世代

Rimg2029_600x450
シルバーパスを持つようになると、無理してでもバスに乗って外出する。
東京の道路は渋滞にまき込まれると思いかげず時間がかかるし、電車の便のないところを走行するから、いずれにしろ時間はかかる。それでもバスに乗るということは、時間はいくらでもあるシルバー世代の特徴でもある。
シルバーパスの料金は1年間で1000円。もちろん収入によるのだが、愛用しているものはほとんど、このグループに属していると思う。都営地下鉄とバスが乗り放題。おかげで外出がし易くなって、パズルのように路線図を紐どき、工夫してバスを乗りこなしているシルバーさんに出会うこともある。

もちろん私もシルバーパスを利用して、バス路線を探すのだけれど、まだ時間を優先して電車を選択することのほうが多い。
たとえば銀座に出るには東急で五反田へ出て、そこから都営地下鉄浅草線に乗る。
この場合乗り換えの五反田駅は歩道橋を使わざるを得ない。足が不自由な時はこれが難所となる。せっかく地下鉄への動線はエレベーターやエスカレーターが出来、楽になったのに。

先日バスで乗り合わせたシルバーさんから教えてもらったコースは、まず家の近くのバスで大森駅行きに乗り国道まで出、そこで違う路線バスに乗り換え都営浅草線の終点の西馬込へ出て、そこから地下鉄に乗って都心へ行くようにしているという。
かなり大回りするので五反田までの時間も3倍位かかるはず。どうやら独り身の彼女、時間はあっても交通費は倹約して、外出を楽しんでいるようなのだ。もちろんとてもお元気そうだった。

私も工房に行くときはバスを利用するようになった。それでも直行便がないので、途中で乗り換える。15分位の待ち時間がある。この時間がもったいないといつも思う。だから電車に変えたりする。

この前はお通夜で代々幡斎場に行くことになり、往き方を調べると、新宿で京王新線に乗り換え、幡ヶ谷下車と、渋谷からバスに乗り幡ヶ谷駅下車とある。新宿駅の乗り換えに手間取るのが嫌で、渋谷からバスを選んだ。所要時間がわからないので余裕をもって家を出た。
初めての路線なのでよくわからず、2駅手前で慌てて降りてしまい、また次のバスを待ったりして幡ヶ谷に着いた。時間の余裕があったので間に合ったけれど。

お墓参りは渋谷から副都心線に乗り雑司ケ谷で降りる。早くて便利になったと喜んでいるが交通費はかかる。明治通りにバスが走行しているのは知っている。その地下に副都心線が走っているし、3月には東横線に乗り入れて横浜まで直通となる。ますます便利になるのだけれど、そのうちひとり身になったら、バスでゆっくり渋谷まで乗って帰ってもいいかと思う。

母が生きていた頃、よくバスを利用していた。電車なら15分で帰れるのに、待っている人もいないし、急いで帰ることもないという言葉が寂しそうで悲しかったことを思い出す。

今のバス世代にはそんな悲壮感はないのがいい。

2012年8月18日 (土)

windbell @Arcosanti

0714

夏の夕方になると、うるさいまでによく鳴っている。明日もいい天気になるといいなと思わず願ってしまう。もう20年以上も前にアメリカ旅行の旅先で手に入れた風鈴。

まだアメリカには行ったことがなかったので、新建築の建築視察団の、アメリカ横断ツアーに参加した。景気が良くなりかけていた時だったから、参加者は50名近くいて、大型の建築ツアーだった。これで一回りすれば、大体アメリカの有名な建築を見て回れるということだった。単独で参加した女子は私一人だけだった。

この風鈴に出会ったアリゾナ州フェニックスの砂漠までどう行ったか、もう忘れてしまったけれど、サンフランシスコ・ロスアンジェルス・ダラスの建築をみながら、ライトのタリヤセン・ウェストのスタジオへ入ったのは思い出した。そのかえりにフェニックスでイタリア人の建築家パウロ・ソレリが桃源郷のような都市を築造しているというアルコ・サンティへ寄ったのだった。

パウロ・ソレリのことはその時初めて知ったのだけれど、日本人も働いていて、その建設資金として、この銅の風鈴を作って資金集めしているのだとか言っていた。当時50ドルはしたような。安い買い物ではなかったなぁ。

私はこの風鈴をすごく気に入って、即座に求めたのだった。当時から鳥が好きだったから、
鳥がセットになっている、デザインを選んだのだった。

夏になるとこの風鈴がバルコニーの天井に吊るされて、東京の風とおしゃべりはじめるのです。20年間、ういういしくさえずっているのです。

B_2

2012年7月12日 (木)

男の究極の隠れ場所

0710

この森の先には湖が広がっていて、右手には雪をかぶった富士山の頂が見え隠れしている 。この森の主が、私たちを招待してくれた建築家。夫の元仕事仲間。
本当は古家付きのこの地を手に入れたとき、自分で新しく設計するつもりでいたという。
ところが古家をよく見ると、決して壊してはいけない強さを多分感じ取ったのだと思う。
基礎がしっかりしていた。築ウン十年経っていたから、見た目はぼろ家。外壁もたいした材料でなく、すぐ壊してもいい状態に見えたのだけれど、剥がしてみると木構造の主材の桧がまだ充分使えそうなのがわかり、取り壊すことなく、究極のリニューアルに踏み切ったという。
リニューアルが完成し、インテリアもイケアの製品を駆使して出来上がり、住み心地も満点になり、声をかけてくれたのだ。
一度ご案内しますから、是非お二人でおいでくださいと。
気持ちの優しい彼だから、高齢の老夫婦を遠路運転して来さすわけにはいかないと、わざわざ自宅まで迎えにきてくれ、10年前のルノーで東名を飛ばして連れてきて貰った。

0710_2

奥さまとも長年のお付き合いでよく知っているから、てっきりお二人でくるのかと思ったら、彼一人。改装の詳細を語り、ランチの支度をし、夕食の準備も一人でこなしている。
ここに来るのは自分の自由な時間を持つためだからと。

ペンションの主人ですから、何でもするんですと、冗談を言いながら手際よく軽々とこなしている。彼だってもうすぐ70才になるというのに。
センスの良さは以前から定評があり抜群で、豪華な材料を使わずに、洗練された空間が
出来上がっていた。
風呂場のシャワーセットやテラスのテント、その他もろもろの材料は、皆インターネットで見つけて発注したのだそうだ。

客用のマットレスもインターネットでイタリア製のを見つけて購入。中々寝心地はいい。
リビングに、立派な食堂セットが入っている。どこのだと思う?と聞かれて、カッシーナと答えると、当たり。
カッシーナに飽きたというお施主さんから貰ったのだという。しかも大きなテーブル自分で車に積んで東京から運んできたのだとか。労力は惜しまず、無駄な経費は掛けない。

自分の城を築くためには手間暇惜しまず、妥協せず、媚びず楽しんで作り上げていく究極の道楽。このスタンスで、大手ゼネコンを退職後は、いいお得意様に恵まれて、いい仕事が次々舞い込んでくるらしい。

建築の話をしていると、話は尽きず、時間の経つのが早い。次の朝は早起きして
スッキリ晴れた富士山を見にいく。山中湖の朝は上天気。

0710_4  

2011年10月12日 (水)

搬出日にはらくらくキャリーを用意して

11・12日が一陽展の搬出日。火曜日は美術館が休館で、メトロの乃木坂出入り口はシ

ャットアウトされるのをを知っていたので、水曜日にお迎えに行くことになった。

帰りは重いから、思案の末、キャリアーを用意して、バリアーフリーの動線を考える。

渋谷・表参道・乃木坂。エレベーターの位置を確認。渋谷は銀座線に乗るのに階段しか思

いつかない。往きは階段を昇ろう。空の箱だけだから。

表参道では、エレベーターに乗ろうとしたらベビーカー親子が2台降りてきた。そうだ。

ベビーカーと同じ感覚でいこう。2週間お勤めを終えた出品作のお迎えなのだから。

私の子供みたいなものだものね。

         お・ま・た・せ・・・・2011a_2

美術館の倉庫の隅で、お迎えが来るのを待っている子どものように、もうがらんどうになっ

た倉庫の壁にもたれながら待っていたのね。さすがに2日目はかなり片付いている。

多分、この展覧会で一番小さな作品だったのではないかしらん。

私にとっては、いままでで一番大きな額に入れたのに。でも次もこの大きさでいいと、

会のボスからお墨付きを貰ったから、また来年も一緒にベビーカーに積んで持って来よ

う。(来年とか、その気になっているようですね)

帰りの難所は渋谷駅。銀座線のホームからは階段しかない。半蔵門線で渋谷でおり、

あちこちエスカレーターを探しまくってやっと西口のバスターミナルに出た。

窮すれば通ず。東京はその点、かなりバリヤフリー化が進んでいる。

足を痛めた友人は10年前は本当に苦労したといっていた。

それからはバスに延々と乗って、田園調布で乗り換えて、いつものバスで、やっとご帰還。

額の巾が大きいので、乗り降りちょっと苦戦したけれど。

バスに乗っている間に読んでいた本。

図書館で借りた森村誠一の『老いる覚悟』ベスト新書。

《バリアフリー根性がダメ老人を作り出す》

身につまされることがいっぱいあって、眠気がさめてしまった。

2011年10月11日 (火)

土楽の土鍋

シルバーバスを使えるようになってから田園調布までバスに乗って、版画工房に出かける

事が増えた。その時いつも駅のそばにある、『土楽」という陶器店を眺めてみる。

バスの窓から見るときはいつも窓が閉まっている。きょうは火曜日だから、休業日なのか

もしれない。気がついてから半年ぐらいたっていたが、その日はウィンドウーを掃除してい

る作業員が見えた。

『土楽」という店は、一昔まえ、『ミセス』や『銀花』で、作家物の良質の陶器を扱う店とし

て、よく紹介されていた。その店の近くに越してきて、寄りやすくなり、土ものの食器を、店

主の薀蓄をききながら、いつのまにか、作家ものの器を買ったりして、ときどき使って楽し

んでいたものである。

鍋の季節になって土楽で買った伊賀焼の土鍋を思い出した。土鍋はIH調理器が使えない

ので、最近登場が減ってしまっていたのだが・・・By

新しく通い始めた整形外科の帰り道、店の戸が開いていたので、誰もいない店に入ってみ

た。老女が電話をしている。一周り店の棚を眺めてみて、よく寄った頃と、商品があまり変

っていないのに気がついた。いつもの店員(中年女性)も店主の姿も見えないので、電話

の終わった老女に聞いてみた。

『お店が久しぶりに開いていたので、入ってみたわ。今日は旦那さんはいないの?』

『亡くなりました。7月に。お店が終わって茶の間の机にうつっぷしたままで・・・ 91歳でし

た。

お買いにならなくてもいいのよ。私、お客様とお話するのがたのしいの。若い店員も辞

めてしまい、荷物を発送するのが負担なの。近い人で手伝ってくれる人、探しているの』

お年頃はもう80代の終わりだと思う。この辺のお店はこうして、超高齢者がみな頑張って

働いている。たいしたものである。

私の足が治ったら、お手伝いに来てもいいよと言いそうになる。

あの老店主が生きていた頃、話がだんだん膨らんで、版画の話をしたりして、ツバキのは

じけた実を沢山貰ったことがあった。きれいな形だったので、いつか使えるかもしれない

と、いまでも大事にとってあった。

Photo

2011年2月26日 (土)

チューリップ

Photo

青山の裏どうり。角を曲がると、そこはチューリップ畑??

ショップの開店用なのか見事なチューリップの鉢が置いてありました。

今年の正月はチューリップの開花が遅れて、あまり入荷していなかった。

いよいよチュ-リップのシーズンなのですね。はっと眼が覚めたような瞬間でした。

より以前の記事一覧