2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 冬の浴室は危険 | トップページ

2015年4月25日 (土)

春陽会用の作品3点を作る

秋になって横浜美術館の市民アトリエでまた版画づくりが始まった。こんどは4月搬入の春陽展用の作品。また石ころシリーズをやってみようと、家の舟で版の腐蝕を始めたのがもう寒さも近づいた秋深くなってからだった。中々テンポが付いてこず、とりあえず石ころを並べながら、様子を見た。何回か重ねて腐蝕していると、思いがけない効果が出たりして、それは全く思ったことと違ってきたのだけれど、青のインクの試し用に刷って見て、次の作の下図のつもりだった。

傍で見ていた版画仲間がおもしろいじゃない。いいよ。なんていうものだから、これで終了。額装してこれも出品してみる事にしたのが、これ。Rimg0513_550x550_5                                        chat with stone 6 (450x365)
冬の寒い日の腐蝕はむずかしかった。つい長めに時間を取ってしまうから、どうしてもやや強い仕上がりになってしまう。もう少し柔らかい重なりに持って行くつもりが、どうしても長めに腐蝕すると強い線になってしまう。それならいっそ中抜けするまで浸けてみようと、1時間以上腐蝕した結果が白く抜けて、浮遊感が出た。

石ころにお伺いたてながら味を出す。こんな作業が楽しい。石ころとおしゃべりしている。
その結果がこれ。プルシャンブルーにすこしオーシャンブルーを混色。結果は透明感を保つことが出来た。

Rimg0509_550x550_3                             chat with stone 7  (450x365)
もう1点仕上げなければならない。全面石ころを並べて地紋のような効果を出すつもりが
いかんせん腐蝕が長くて強すぎた。それなら削ればいい。ちょうどこの時期夫の入院で夜の時間が十分あるし、アトリエには行かれない。時間があれば毎日消しゴムで削って、なんとか地紋らしくなってきた。
バックが整ったので、この先どうしようと考えた。若い頃建築事務所で働いていたころ、建築家O氏の製図板の上の様子を思い出した。朝来ると氏の机上はすべての道具は直角に整然と置かれていた。思い出とともにいつの間にか直角に置いてみたのがこれ。
Rimg0510_550x550_3                    Another world   (450x365)

3点できた。春陽会に応募して入選したのは「chat with stone 7」。

審査員の一人に批評をしていただいた。このままでいいと。いくらでもバリエーションが出来るでしょう。色も青でいいでしょうと。

高齢だからこれ以上余計な事は考えずに、お好きにどうぞと言われたような気がしないでもなかった。 いつかもそんなこと言われたような。好きにやれと。

« 冬の浴室は危険 | トップページ

銅版画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春陽会用の作品3点を作る:

« 冬の浴室は危険 | トップページ