2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 版画展が始まった@東京都美術館 | トップページ | 春陽会用の作品3点を作る »

2015年2月14日 (土)

冬の浴室は危険

浴槽から夫を救出してから2週間が経った。あっという間の2週間。もう2月も半分が過ぎてしまった。肺炎を起こしていて、まだ病院に入院中だけれど、なんとか快方に向かっている。
私の記憶が消えないうちに、この事実を書き留めて置く気になった。夫は82才、妻は77才。身長171センチ、体重55キロ 妻151センチ。若い時は156あったのにいつの間にかちじんでしまった。腰痛でリハビリ中。

浴槽での事故は身近にもあり、数年前にはお隣の80歳ぐらいの奥さんが浴室で。
大学の先輩も浴室で最後の姿を発見されたと連絡があったばかり。2つとも発見が2時とか3時。みな手遅れだった。

我が家の浴室は1階にあり、私の部屋とは玄関を挟んでいる。メインの部屋は2階にあり、夫はいつものように2階から降りてきて9時半ごろお風呂に入りに来た音がしていた。普段より音がいつまでもするし、そろそろ出るころだから、次に入ろうと思い浴室に行ってもう出る?と声をかけて浴室を開けると、そこには異様な状況の夫がいる。
風呂のお湯は硫黄泉のように茶褐色化していて寒いからもっと熱くしてとわめいている。

どうしたの!早く出なさいといっても、足に力が入らなくて立ちあがれない。しかもいまはだめ、もっと熱くして!寒いからとわめいている。きっと浴槽に入るなり気分が悪くなって、もどしてしまったらしい。これは大変,水栓を抜いてお湯を減らそうとすると、すごく怒り出すし、もっと熱くしろと大声をあげる。
これは強硬手段にでないと大変なことになるとおもい、私はすぐズボンを脱いで引っ張り出す準備をし、床にすのこを敷き(御影石の床のままだった)、椅子をセットしシャワーを暖かくして夫を引き上げ、なんとか椅子に座らせてシャワーで温め、汚物を洗い流し、大判のバスタオルを戸棚から引っ張りだし、体を包んで、なんとか脱衣室に移動できた。

幸い夫は意識はあったし、自力で下着をつけてとにかくはやく寝室まで行きたい気持があり、手すりにつかまって私のサポートで17段の階段をのぼり、寝室のベッドまで行くことが出来た。部屋に入るなり、暖房つけてといい、パジャマ着せてと要求する。よっぽど寒気がしていたのだろう。なんとかベッドに落ち着かせ、吐いたのだから脱水症状になっているかもしれないと、すぐ水を吸い口代わりに小さな紅茶ポットから飲ませ、嫌がるのを無理して2口ぐらい飲んだろうか。熱を測ったら36.5℃。これなら今夜はここで安静に寝かせようと決心した。

救急車を呼ぶ気になれなかった。最近インフルエンザで救急車を呼んで、30分位道路で待機されて、かなり遠くの病院に連れていかれたという友人の話を聞いたばかりだったし。

私のベッドは3階にあり別寝していたが、すぐ自分の掛布団を夫の隣のベッドに運び、一晩中見張っていた。時々吐き気が起きるとビニール袋を添えてのみ込まないよう体を起こして吐かせた。

無事夜が明けて熱を測ると38,2℃に上がっていた。このまま寝かせておくわけにはいかない。インフルかもしれないしと思い、土曜日開院していた私の通っているクリニックに電話して事情を説明すると、すぐ連れてくるようにと言われる。もちろん徒歩はむり。何とか1階のガレージまで歩いて貰って、車の後ろ席に載せ、5分もかからずクリニックに到着。

すぐ診察してもらうとインフルエンザではなく、レントゲンを撮るとドクターの顔に緊張がみえ、肺炎と診断される。すぐ近くの総合病院へ救急外来で受け付けて貰うよう依頼され、職員さんのサポートで車いすに乗せられて、300メートル先の病院へ急いだのだった。

そこは夫が糖尿病の検査で通っていて主治医もいる病院であった。

Rimg4229_550x413

« 版画展が始まった@東京都美術館 | トップページ | 春陽会用の作品3点を作る »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あやさん、

いま読みましたが、ほんとうに大変でしたね。
あやさんの落ち着いた的確な対応がなかったら危なかったかもしれない。
でも、事が起きている最中は夢中だから自分のことなど顧みる余裕もなかったでしょうけど、病院からひとり帰った後はきっと疲労困憊されてしまったのはないでしょうか。
ほんとうにお疲れ様でした。
もうご主人様は落ち着かれたころでしょうか。
どうぞご主人様ともどもお大事になさってくださいね。

そうきちさん

ご無沙汰していました。とんでもないことが起きてしまって。
でも私、とても冷静でしっかりしていたと今になっても思います。
4週間の入院を終えて主人は自宅に戻ってきました。
まさに生還という感じです。
主人は持病の糖尿病が治癒するまで通院は続きますが、やっと日常が戻っています。
これからがさらに気を遣うことが多くしんどい日が続くと思いますが、
これが年を取るということなのでしょうね。
ご心配ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の浴室は危険:

« 版画展が始まった@東京都美術館 | トップページ | 春陽会用の作品3点を作る »