2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

上等の材料ばかり

銅版画を制作するようになって15年目に入っている。
主として多摩美の生涯学習講座に入門して、修練してきたけれど、時には東京芸大の夏の集中講座にいったり、横浜美術館の単発の講座を受けたりしてきた。
ここに及んでさまざまな工房へ出入りするようになると、今まで通ってきた多摩美の講座が、材料(銅板、インク、溶剤、ニス、ウェス、紙、裏張り用シート等)がかなり贅沢に支給されて(選択されて)いたのに気づく。他流試合にいかなければ、これが正解だと思ってしまうところだった。

横美のアトリエでは、ある受講生に紙は何使っているのと聞かれ、主としてハーネミューレ(ドイツ製)。と答えると、お金持ちね。私はいずみ(日本製)試刷りは画用紙使うの。と言われてしまった。ドイツ製は約3割増しかな。
色合いとか刷り上がりの良さを比べると、いいほうがいい。その代り試刷りは失敗した裏紙を使ったりもしている。他の工房では裏紙は禁止だとか。画用紙は使ったことがない。

インクも今はシャルボネ製(フランス)を使っている。青のインクの発色がいいし、色幅が豊富だから。日本製に比べればたとえばコバルトブルー(文房堂製\1150 シャルボネ\2350)(プルシャンブルー\2500)(オーシャンブルー\3700)@50-60mgのチューブ。

銅板の厚さは1mmを使っていたが、0.8mmしか使えないという。高いもの。

汚れを処理するウェスにしても多摩美では10センチ角のメリヤスやプリントものではなかった。真っ白のおむつウェスという種類。これで慣れてしまって小さなものでは落ち着かない。何とかネット検索してオムツウェスを探したり、

またお金持ちねぇと言われるのだ。

いまさらとやかく言われても微ともしないのだけれど、まぁ何ともかまびすしいのだ。
多摩美の教授が一番いい材料を学生には提供するというお考えで教育されているそうなので、すっかりその水に浸かった後は、独立したとき、その良さと厳しさを実感する。

結果がでればそれが何より。

腐った中国肉入りの添加物まみれのハンバーグより、いい肉の入った国産のハンバーグの方が美味しい。3倍はするけれど。
Cimg0384_550x342_450x280


2014年7月23日 (水)

青い石ころ chat with stone 3 & 4

Cimg0382_550x413
7月は2回しか予約が出来なかった、横浜美術館のアトリエ。22日が最後だったけれど、ねばって26日のキャンセル待ちを待った。キャンセルが出たと連絡があったのは、最後かと思って荷物をまとめて帰宅して数分後。よかった。まだ結果に未練があったから。

やむなく新しい版画工房を見つけて3回通って、版を刷ってみたのだけれど、なかなか思うように刷れなかった。色がしっとりでないのだ。
小さな工房でひとりで独占状態で作業できるのはいいのだけれど、使い勝手に中々慣れない。
今までのやり方、インクも持参して同じ、腐蝕は自宅の舟でして、まぁまぁの出来。
それなのに・・・・・。

横美のアトリエの最後の日。慎重にインクを入れて、刷ってみた。
上手く色が出た。しっとりとプルシャンブルーがいい感じ。
使いこなされたプリンターがいい結果を出したのだと思う。

これで2点は完成としよう。あと1点。
石ころシリーズは続く。

 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »