2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« パレスホテルのアートシーン | トップページ | 『司 修』の絵本 »

2014年4月21日 (月)

初入選@春陽展

初入選というプレゼントがこんなに体調にも好影響で、気分も明るくなるとは。
公募展に出品する人はみんなこんな気持で発表を待つのでしょうね。

Cimg0120_550x413

春陽展は多摩美の生涯学習で銅版画の基礎を1から教えていただいた渡辺達正先生や小浦昇先生が属している団体で、生涯学習講座で入門した私のような素人が参加する団体ではないと長い間肝に銘じて、展覧会は良く観に行っていた。正統派の銅版画の作品が観られ、勉強になったもの。先生たちからも決して出品を勧められることもなかった。

多摩美の講座がついに終了し、独り立ちをすることになり、先生方のバリアもなくなって、
10年以上続けていると、だんだん公募展も身近に感じられ、今年はついに初出品してしまった。ごく自然の流れだった。

公募展とのかかわりは一陽展から始まった。
一陽展に初出品したのはもう5年前。〈すみの会〉の出品作を出品してと強く推してくれた後輩のHさん。それ以来4回出品して奨励賞をもらった。Hさんが病気で退会したのが昨年の暮れ。版画部門が弱小で居心地が良くなかったからHさんの退会を機に出品するのを止めたとき、今度は春陽会に出品する気になってきた。版画家の知人も増え、版画部門も大所帯でなんだか楽しそう。
横浜美術館のアトリエで刷るようになり、そこで春陽会への出品を勧められたのもはずみができた。

そんなわけで、版画の作品で公募展に応募して、入選するという、若い頃には考えもしなかった状況に至ったという今日この頃。

入選の発表はPCのWEBサイトで発表されて、まず自分の名があったときはさすがにほっとした。新入選という文字が新鮮だった。
何かに挑戦すると、こんなドキドキ感を味わえるもの。

私の近作は伝統的な銅版画の技法から離れて、石ころとおしゃべりしながら石ころの柔らかなラインを銅板に腐蝕して投影していく。この柔らか重なりからイメージを構築していく。
今回、賞候補になったものが好評だったのが嬉しい。シャルボネのプルシャンブルーで刷ったもの。

Cimg0122_522x550

« パレスホテルのアートシーン | トップページ | 『司 修』の絵本 »

銅版画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初入選@春陽展:

« パレスホテルのアートシーン | トップページ | 『司 修』の絵本 »