2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

『ラファエル前派展』を観る@六本木アートセンター

Cimg3146_550x413

ラファエル前派ってよく知らなかったので、この展覧会には是非行ってみたかった。
幸いブロガー向きの特別鑑賞会の案内が来たので、さっそく夜の時間帯にゆっくり鑑賞できるので六本木ヒルズに向かったのでした。『テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢』「MEDIA AMBITION TOKYO 2014」
 特別展示映像作品「Oferia has a dream」

特別展示映像と展覧会が同時に観られるまたとないチャンスです。

Cimg3066_550x413 Cimg3060_3《1848年ロンドン。前衛美術運動を起こし、英国の美術史に大きな影響を与えた芸術家グループが7人の若者によって結成されたのがラファエル前派兄弟団。
中心となったのはロイヤル・アカデミーで学ぶ3人の学生、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829-96)、ダンテ・ゲブリエル・ロセッティ(1828-82)、ウィリアム・ホルマン・ハント(1827-1910)。彼らは盛期ルネッサンスの巨匠ラファエロ以前の素直で誠実な初期ルネッサンス絵画を理想としてこのグループ名を付けた。》

Cimg3076_550x413Cimg3090_550x413このような美術史の簡単な知識を頭に入れて、テート美術館からやってきた名品70点余をゆっくり鑑賞してきました。 いつもイヤホンガイドを借りて、石丸幹二氏の解説で今まで縁遠かったイギリス 作家の 豪華絢爛な伝説の女神像に酔うことが出来ました。

ミレイのオフィーリアは 特別映像作品が仕掛けられ、画面には面白い仕掛けがされていて、画像の中に入り込むように楽しめました。

4月6日まで会期中無休

会場の写真は展示会場風景として撮影許可をいただきました。

 

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »