2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 第13回版画展@神保町文房堂ギャラリー | トップページ | 予約の取りにくいアトリエ »

2013年11月17日 (日)

赤で刷ってみる@横浜美術館 市民のアトリエ

Cimg0961_500x375
横浜美術館の市民のアトリエ。今日で二日目。
このアトリエには2度、ワークショップで通っている。
過去ブログを見てみると、最初は2007・1~3『マチエールから作る銅版画』 講師は大矢雅章さん。
2度目は2010・1~3『蔵書票をつくる』 講師は武田史子さん。
どちらも多摩美の生涯学習講座が休校時。

熱心な講師で新しい技法を試すことができたので、このアトリエは好印象を残していた。
アトリエの広さや設備もいい。
やはり次に行くのはここでしょ!とやっと申し込んだのだった。人気度が高く中々予約が取れないのが難である。それでもやっと3回分予約できた。

そんなわけで貴重な2回目のチャンスには、赤で刷るという宿題を持って行ったのだ。
青が駄目なら、赤ではどう。と言われてしまって、まぁ、冷やかし半分のK氏の言葉なのだけれど、やってみようかと。

赤のインクはシャルボネのゼラニュウムレッド、文房堂のカーディナルレッド、とシャルボネのペイネグレーを使ってみた。版はsidewalk.

赤の混合はあまりにもインクそのもの。深みがでない。

ペイネグレーを混ぜて刷ってみる。色わけしたものと混合したもの。

青で刷ったものとすっかり変わっていくのがおもしろい。水の中がずっと深みに沈んでいくような。名前も変わっていく。

本日の仕事。赤色の刷り3枚と裏刷りの1枚。2時間半の集中した時間は心地よかった。
やっぱりまだ終えられない。新作にかかれるかもしれない。

Cimg0966_500x375

« 第13回版画展@神保町文房堂ギャラリー | トップページ | 予約の取りにくいアトリエ »

銅版画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤で刷ってみる@横浜美術館 市民のアトリエ:

« 第13回版画展@神保町文房堂ギャラリー | トップページ | 予約の取りにくいアトリエ »