2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 個展の準備 プロローグ | トップページ | 『貴婦人と一角獣』を観る@国立新美術館 »

2013年4月21日 (日)

一陽会東京展4/18~23@東京都美術館

Rimg2604_600x450
今年度の初めて出品する展覧会が一陽会東京展です。版画部門で出品することにしたのですが、何とも参加者が少なくてさびしい限りでした。
私の作品は昨年作ったSCEANと名付けた海の風景です。
この版を作るのはとても実験的で楽しかったのだけれど、風景というのは、当たり前すぎて
いろいろ公募展に出してみたけれど、みんな落選で戻ってきてしまいました。
それをこの展覧会に出してみて、大きな会場でどう見えるか体験してみようと思ったのです。
幸い春の東京展は審査もなく、一般というジャンルで出品することが出来たのです。

美大を出たわけでもなく、上野の美術館に自分の作品を出品しようなどという、あこがれも
夢も持ったこともなかったのに、人生の最終章で澄まして参加している大胆さ。

こんなチャンスの道案内してくれたのは女子大の後輩だけれど、一陽会のベテラン作家Hさん。今回出品していないのが不思議でしたが、体調をくずされて、会を引退という選択をされて幕を下ろされたようでした。私より10才近くお若いのに。

Rimg2598_600x450
半日ほど受付のお役目を果たし、昨年より少し慣れ、会員作家の方とお話をすることが出来、みな高齢化の道を突入しているけれど、出品している絵は熟練して技術も危うげなく、
見ごたえのあるものばかりでした。大型公募展の絵画部門を関心を持ってみたことはなく、
ただ大きな作品に驚いていたけれど、今回は身近におられた作家の方の作品をみると
50年の積み重ねの確かさに頭下がる思いになりました。
私の版画はいかにも軽くて、重厚な油絵群とはまったく別物でした。

こんなところで遊んでいてはいけませんね。

« 個展の準備 プロローグ | トップページ | 『貴婦人と一角獣』を観る@国立新美術館 »

銅版画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一陽会東京展4/18~23@東京都美術館:

« 個展の準備 プロローグ | トップページ | 『貴婦人と一角獣』を観る@国立新美術館 »