2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

『図像観光  近代西洋版画を読む』 荒俣 宏 

Cimg1750_405x550_4   もうこれ以上本は買ってはダメ。増やさないでといつも言われている気がするけれど、つい興味がつのると買ってしまう。いつでもBOOK OFFに売ればいいと思ったりして。
そのBOOK OFFに寄ってみたら、この本を見つけてしまって、手に入れてしまった。
版画を初めてもう13年経って、制作するのはおもしろいし、自分の年齢のリスクとか、ハンデを考えて自分流のやり方で楽しみ始めているけれど、そもそもしっかり西洋版画の知識を勉強してはいない。この本は西洋版画を楽しむための知的遊覧飛行案内と帯に書いてあるように、西洋版画の長い歴史を豊富な図柄を読み取りながら、博物学の大家の荒俣宏氏が道案内してくれるという、魅力あふれる本のようだ。
本書は1985年4月から『朝日ジャーナル」に連載された同名のコラムを加筆増補したもので、1986年に発行(朝日新聞社)されたものである。その頃はまだ版画入門はしていなくて、本業のインテリアコーディネーターをしながら忙しく働いていたころであった。

Cimg1748_464x550 しかし私の本棚にはもう1冊荒俣宏の著作がある。
『花空庭園』平凡社1992である。元々この作者の図象学に興味があって手に入れたのだろう。
偶々当時教えていた短大で「はなについて」という大学の総合講座で集中講義のためのにわか勉強をしたときに、必要だったのだと記憶している。
BOOK OFFで出会ったのは全く偶然ではあるけれど、きっと本が呼んだのだろう。
いい本に出会えて嬉しい。
こうして蔵書はいつのまにか増えていき、悩みの種が増えていく。
どちらも20世紀末に発行されている。お金をかけて丁寧に作られている。装丁も立派だし。
時間を作って、読み続けようと思うこの頃。

2013年3月22日 (金)

版画工房にTV取材

版画工房にTV取材がくるので作品いくつか用意して!と言われて工房に行く。
といっても3月の工房はあと2日。刷りたいものがいくつかあって、気もそぞろ。
工房はみんな召集かけられたらしく、ほぼ満席の状態だった。
生涯学習の取材らしく、TV朝日の東京サイトというわずか5分 の番組だという。
刷っているところ、描いているところ、絵になりそうな場面を1時間ぐらいかけてカメラが 取材をしていった。どんな番組になっているか、ちょっと楽しみ。4月11日13時55分から5分、
「徹子の部屋」の後番組。いつも「徹子の部屋」が終わってしまうとミヤネ屋に切り替えてしまうので、 我慢してみてみよう。
(そういえば「徹子の部屋」って?見たことないよ。と反応した工房の60代男子。TV持たない人もいるし)
そんな騒々しい雰囲気のなかでいくつか質問されて答えたりしていると、さっきまで咳き込んでいたのに、さすがいざとなると咳も出ずよくお話になったわね、女優みたい。と言う外野の人たち がいるのには驚いた。
私、いざというときは、かつ丼食べて頑張った記憶がある。そんな場面今までにどれだけ経験してきたことか。その日の昼食は何だっけ。多分ふりかけごはん??
次の日の工房でも、随分いろいろお話していましたね。と当日同席していた人から言われたりして、せっかくTV取材受けたのに、放映されたら手1本も映っていなかったりして(笑)

そんなことより、前から丁寧に腐蝕していたレースの版を完成させて、刷ってみた。
小さな版だから、気もちはとても楽。レースを主にするか、副にするかで感じは違ってくる。
やはりコンチェルトがいいかな。お出かけ前の慌ただしさを思い出しながら、こんな風に散らばらせてみた。 Rimg2321_491x550 

miss diorの香水の瓶。はじめて貰った香水。50年前の瓶が今、生きかえって版画に登場。
誰に貰ったかは追求しないで下さいね。

2013年3月14日 (木)

個展は初日に観に行くのがいい

Cimg1625_600x450 
生涯学習講座の師匠の個展、大矢雅章展3/11~16を観に11日の初日に行った。
銀座の養清堂画廊。版画家たちの定番のギャラリー。人気の作家の個展の日は毎年決まっているようだ。
いろいろ個展を観るようになって、初日に観に行くのが、個展に対する一つの礼儀なのかもしれないと思うようになった。
初日なら作家に会えると思って集まる人たちがいるし、誰も来なかったらどうしようと不安を抱えている作家の気持も何となく分かったりする。

今回の大矢さんの作品はこのところ集中して発表している黒ひげシリーズ(これは私個人の言い方だが)の大型作品を出品している。やはり大型がいい。技法も自由自在、自信が垣間見えるようになったような気がする。Cimg1624_600x448                                 A Priori Towane 11-2
VOCA展(40才まで)にもネクストアート展(35才まで)にも出展する資格がなくなった41才の誕生日を画廊で初日にお祝いしていただいたようだ。これからが正念場ということはご本人が一番承知していることだろう。

Rimg2288_600x442
12日には渋谷のギャラリエ アンドウに藤田修展3/12~30を観に行った。DMのすみに初日に是非とメモがあったし。初日には作家在廊ということで。

今回はYOKOSUKA DETAILSという新作版画集のお披露目。
初日なので切れ目なく観に来るお客様との応対の間隙をぬってする、作者との会話はいつも心に響くものだ。このわずかな会話の時間が楽しい。

「壁に負けていないか」と自問自答する、いう言葉が身に沁みた。

2013年3月10日 (日)

《ロートレックの料理法》

Cimg1555_450x338
以前私たち家族が10年住み、今は娘夫婦が住んでいるマンションのロビーの書棚でこの本を見つけた。
『ロートレックの料理法』あのフランスの画家のロートレック(1864~1901)
平成元年、美術公論社の発行である。この時期は贅沢な趣味性の強い中々いい本が世に出た時期だった。
本のあとがきによると、ロートレックは稀にみる健啖家で料理通であったこと、ロートレックが書き残した記述を親友のジョワイヤンが整理集成して1930年に”La Cuisine de Monsieur
Momo"の署名で発行したものらしい。ちなみにMomoはロートレックのペンネーム。
その原書をもとに独自なレイアウトをし”目で見る”料理本として出版されたものであった。

この本を開いた途端、ロートレックの魅力的なスケッチ、版画が毎ページにあり、ロートレックの生きた時代の料理メニューであふれている。何とも食欲を誘う本なのである。
Cimg1587_450x338
このマンションには住人からの寄付で集まった本の書棚があって、住人は好きなものを持っていってもいい事になっている。すべて住人の自主管理。返さなくてもいいですよと書いてある。こんな善意の方法をいいことに、他所から入ってきて、本を持ち出し売りさばく輩も出てきて、管理する側はたまらない。先日もそんな苦情がマンション情報に載っていた。

娘から2日間リニュ-アル工事の番人を頼まれて、本を読むしかない時間を過ごすには、ぴったりの本。
すっかりはまって、ロートレックの時代にタイムスリップしたような気分になった。
たとえば 野ウサギ白ワイン煮込み、ツグミ アルデンヌ風、黒ガモの煮込み、シャコ キャベツ添え、修道女のおなら、ムール貝船夫風・・・・・・どれか作ってみたくなった。

そんなわけで次の日いいムール貝をスーパーで見つけてさっそく実験してみた。
まさに実験。でもうまくいった気がする。どこのレストランで食べたものより美味に出来た。

Cimg1577_450x338  
ムール貝 船夫風 Moules marinieres

カレー産または地中海産のかなりずんぐりしたムール貝を、数個用意する。
何回もすすぎながら、たんねんに洗い、磨き、汚れを取る。かなり大きな鍛鉄製のシチュー鍋にムール貝を入れ、1キログラムにつき、月桂樹の葉1枚、薄切りにした玉ねぎ大一個分を加え、ふたをせずに炒め貝の口を開かせる。
汁が澄んでいれば半分をとっておく。(濁っていれば捨てる)。次に、ムール貝1キロにつきやや辛口の白ワイン2/3カップとバター大さじ2杯を加えぽんぽん燃える薪で炒める。最後に少量のにんにくを混ぜたパセリを多少加える。
食卓に出す際に、挽きたての白コショウを振る。

ちなみに私の使ったムール貝は三陸南部産。もちろん薪ではなくガス使用でうまくできた。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »