2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« エルメスの新聞広告 その2 | トップページ | 今年の版画生活は »

2012年12月30日 (日)

《石ころとおしゃべり》してみました

Cimg0583_360x270_2

新年用にはじめて私の作品を居間の壁に並べてみた。この場に合わすのは中々力がいるのを知っていて、納得いくのが出来なかった。
やっと4枚揃い踏み。いわゆるセンターとったかな。

これらはみな武者修行にでて、ある意味認められたもの。モチーフは石ころとかけら。

右側からcrashingは日本版画協会2012、次は一陽展2010、ルーマニアのヨゼフ、イーザー国際版画ビエンナーレ2011、次のblue memory 2 一陽展2011、次のrhapsodyは一陽展2011、南島原市セミナリヨ版画展2012にそれぞれ入選と一応肩書が付いた。立派なものである(笑)

1月中この展示でやってみよう。夫は面白くないのかもしれない。俺の家だ、俺の居場所だと
まぁ、いいじゃない。
75才後期高齢者の仲間入り記念。やっと飾れる版画が出来たと思って、鑑賞して貰おう。

私の世代では、夫に気を使って自分の好きな絵を飾れない妻がいるのを知っている。
知人の居間は夫の趣味の名画が季節ごとに展示替えされている。好意的に考えれば、夫のセンスを妻は認めているのかもしれない。
ギャラリーの営業マンから聞いた話だけれど、夫は買った絵を家に持ち帰れなくて、ギャラリーに預けたままの人もいるらしい。妻の目が恐いらしいのだ。
描いた画家は気の毒。倉庫に眠らすために描いたわけではないのに。

まだ食堂や階段室やトイレにはいろいろ習作が掛かっている。
そちらのほうが楽しいものが多いのかもしれない。
何とか家で個展を開けるといい。
その時は楽しくみんなに観に来てもらおう。それが私のささやかな夢。

« エルメスの新聞広告 その2 | トップページ | 今年の版画生活は »

銅版画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 《石ころとおしゃべり》してみました:

« エルメスの新聞広告 その2 | トップページ | 今年の版画生活は »