2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 一陽展の初日@国立新美術館 | トップページ | ロコモティブシンドローム »

2011年10月 6日 (木)

四角の石ころもいい Blue Memory Ⅲ

やっと仕上がったことにしよう。色はやっぱり青で。シャルボネのオーシャンブルーと春蔵

のコバルトを混色してみました。

銅版を作るとき、私のやり方はプラス志向でした。版画を作るときいつも繰り返し、繰り返

し、物を足していく。けっして戻らない。それでなんとか勢いに乗って、気に入ったものにな

って行きました。2_5

こんどはじめて、マイナス志向で、やってみました。はじめはクレパス(CARAN d'ACHEの

NEOPASTEL)で水の流れのような線を描き、腐蝕して、又描いて、腐蝕を繰り返す。

そしてアクアチントをかけて、その黒くなった表面を、スクレーパーで削って、下地を出す。

削ると言う作業は根がいりますし、時間もかかる。版が仕上がったら、その上にまるい石

でアクセントを加え、さらに鍵を入れ込む。そして端部を真っ白になるまで削ってみる。

それでもなんだか物足りない。そうだ、あれを散らしてみよう。

Photo_2

                   Blue Memory 3   220X300

白いあられのような柄はどうやって出したか?と聞かれて、青の流れの上に、四角の石魂

を落としてみることにしました。以前、娘から貰ったものです。

何かに使えるかもしれないと、大事にしまってありました。なんでも捨てずにあるのです。

これがとっても銅板とラッカースプレーとの相性がよくて、しっかり痕跡を残してくれました。

かなり長時間、1時間半ほど腐蝕液に入れっぱなし、

どきどきしながら出来上がった版にインクを詰めて、刷ってみたのが、2番目の写真です。

Photo_3 

« 一陽展の初日@国立新美術館 | トップページ | ロコモティブシンドローム »

銅版画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四角の石ころもいい Blue Memory Ⅲ:

« 一陽展の初日@国立新美術館 | トップページ | ロコモティブシンドローム »