2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

« 新制作展@国立新美術館 | トップページ | 一陽展の初日@国立新美術館 »

2011年9月19日 (月)

今度は一陽展

手持ちで2点搬入した作品が、2点とも入選と通知が来ました。こんどは無駄足踏まないで

良かった。あんなに迷っていたのだから、選択は正しかったのだと思うとほっとします。

もう石ころと対して、3年ぐらいになるのです。今回の作品は2作とも、石のお世話になり、

石の気持ちがだんだん分ってきたのでした。

石のスタッフも大分揃ったことだし、応援団もそこそこ集まって、気持ちも高まって、一陽展に

出品するつもりで、作ったのでした。

① Blue memory Ⅱ

② Rhapsody

と命名して、青色でそろえました。広い会場でどんな感じになるのか楽しみです。

9月28日(水)から10月10日(月)10時ー18時 10月4日休館

国立新美術館  アクセス 東京メトロ千代田線乃木坂駅 6番出口

広い会場ですから、ゆっくり見れます。良かったらどんなものなのか確認におでかけ下さい。

Photo

« 新制作展@国立新美術館 | トップページ | 一陽展の初日@国立新美術館 »

銅版画」カテゴリの記事

コメント

一陽展、入選おめでとうございます。同じ会期の自由美術に平面と立体でお二人から別々に招待状がとどきました。一陽展は必ず拝見いたします。
制作と他の人の作品を見せて貰うことは自分の仕事とおもっています。

さて、14日、(石ころとおしゃべり)にて私の作品を取りあげてくださり有難うございました。お礼申し上げます。
70歳以上、無料になったこと、余震が頻発していますし残暑も厳しいことで御案内するのも気が引けて何時もながらぐずぐずしておりました。写真の添付を覚えましたので数人の友人にメールを送り、出品しています、ーと御招待ならぬお知らせをお送りしました。
A氏とN氏から見に行くから、とメールが届きました。御無理のないようにと思っています。今後はご無沙汰お詫びを兼ねて此の方法でいきたいと考えました。
季節の変わり目、体調管理に十分ご留意ください。お礼まで。

小口清一さん
ご丁寧なコメントありがとうございました。
一陽展を観てくださったら、何かいいこと言ってくださいね。

大きな会場で小さな作品を観るのに、だんだん慣れてきました。

70歳以上無料な新制作展、来年も観に行くつもりです。いい作品を描きつづけて、出し続けて下さい。楽しみですから。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度は一陽展:

« 新制作展@国立新美術館 | トップページ | 一陽展の初日@国立新美術館 »